キハユニ51

2004年12月~
補修を行っているキハユニ51内燃動車です。


こちらは入庫直後に撮影した画像です。かなりの塗装剥がれや、錆が目立っています。∑(゚Д ゚;)

 

 

 

 

まず初めに、各個所の状態を見て行きます。

 

 

 

 

 

 

 

汚れ落しや車体に記載している文字のトレースも行います。

 

 

 

 

 

 

少しずつですが、ケレンを行い金属パテや溶接しながら外板の補修、錆止めの塗装をを行います。

 

 

 

 

 

この部分の作業でおおよそ、5日間かかりました。
 ヽ(´Д `;)ノ タイヘンナノデス

 

 

 

 

 

ようやく、片方の側面で目立っていた部分の補修と乗降口の足場部分も含め製作しました☆

 

 

 

 

 

 

現在、車両前頭部から、連結部分、足回りのケレン作業を行っています。
ガンバリマスヨー ヽ(^-^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトの補修を行っています。予想以上に腐食が進んでいるようですね。 (ノД \)

 

 

ヘッドライトの中にある反射板です。
一つは反射塗料が全面にわたり剥げ落ちていました。
長年西日にあたっていたからと思われます。

 

 

片面ですが、一次塗装を行っているところです。
マスキングが新聞紙というところはご愛嬌という事で。^^;

 

 

 

今回は車両の屋根に登ってみました。
雨漏りの個所を調べ、丁寧に補修を行います。
また屋根材の補強も行います。

 

 

加悦谷はまだ気温も低く中々塗料が乾きません。
塗料ののりも悪いのでこのあたりはメンテナンス員長年の経験がいかされますね。

 

 

 

 

外板の塗装がほぼ完了しました。

久しぶりに外の空気を満喫中!

 

 

 

どう? 綺麗になったでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓枠製作中の一コマ。

 

 

 

破損の酷かったもう一方のヘッドライトも綺麗に修復が完了しました。

 

 

 

取りつけ完了!!

 

 

修復が完了し、展示位置へ (*^∀^*)

 


------------------------------------------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------------------------------------------------