ハ10 木造客車

2005年4月~
復元補修を行っておりますハ10号木造客車です。

こちらは入庫直後に撮影した画像です。

 

 

 

ところどころ、外板の劣化が進んでいるようです。
(゚- ゚;)
前回の修繕は平成5年~6年にかけてでしたのではや11年が経過しています、、、。

 

 

 

 

外板痛み具合をチェックをしつつケレン作業を行っているところです。

 

 

 

 

 

車両から外された出入り口の扉と天井部分にあるサンルーフです。

 

 

 

 

どちらも破損個所を入念にチェックします。
扉のチェック中、腐食した所がボロボロと落ちて、、、、、、穴が開いてます。(/д `*)ァゥ

 

 

 

 

 

一生懸命修繕をがんばりますよー 。
( ` Д ´ )ゞ ビシッ

















外板を1枚1枚丁寧に製作し、現物合わせで取り付けていきます。使用可能な材料は総て再利用して修復する事が基本です。

 

 

 

 

 

6月に入り少し蒸し暑くなってきました。
ヽ(´Д `;)ノ
現在、7割程度ですが、連結器や外板が綺麗に塗装できました。

















劣化の酷かった、サンルーフ部分もこの通り綺麗に修復できました。

まだまだ全体にわたり修復個所がありますので、
もう少し機関庫の中で療養します (*^ - ^*)










製造当初から使用されているドアノブです。
形からして年代を感じますね。

 

 

 

 


ケレン作業をした時に塗装の年輪らしきものが出てきました。
黒、茶色、こげ茶、あずき色、現在の黒と5層になっています。
色々な塗装を施されていたのですね (*^ - ^*)









破損していた内板部分も綺麗に修復できました。
後は塗装を待つばかりです。

 

 

 

 

 

こちらは、デッキ部分のお色直し作業をしているところです。

 

 

 

 

 

 

 

扉を除く個所の補修や塗装も終わり、
後は車番等の文字記入の段階まで完了致しました。
もう少しで、皆さんにお会いできますね♪
  (*^∀^)ノシ

















いよいよ、補修も終わり、展示位置へむかって
出発進行ーーーー! 

 

 

オ~ライ!

 

 

 

 

 

 

 

 

転車台に乗って移動です。

 

 

 

 


展示位置へ到着です♪ 
皆さん早く会いに来てくださいね (*^∀^*)ノ


----------------------------------------------------------------------------------------------



----------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------------------------------------------






----------------------------------------------------------------------------------------------