加悦SL広場加悦SL広場

NEWS

 旧加悦鉄道2号機関車 重要文化財指定
        記念シンポジウム 及び 記念式典開催

この度、平成18年1月14日(土)に旧加悦鉄道2号機関車「123号機関車」の
重要文化財指定を記念してシンポジウムが開催され、翌日15日(日)には
記念式典を執り行ないました。シンポジウム、また記念式典には大変多くの
皆様にご参加頂き誠にありがとうございました。

シンポジウムでは実行委員会 宮崎会長様の挨拶に始まり、各来賓の祝辞が
行われました。又、保存鉄道の先進国であるイギリスの鉄道の話を交え
「鉄道保存のありかた」と題して小池滋先生にご講演をいただきました。
続いて、「地域産業遺産の保存・活用と新展開に向けて」をテーマにした
パネルディスカッションではコーディネーターに堤一郎先生をお迎えしパネラーには
地元の経済界、産業界の方々にご参加いただき活発な意見交換がなされ盛況
の内にシンポジウムは閉会となりました。



翌15日の記念式典では、弊社 代表取締役の挨拶、来賓の祝辞に続き、
後世の担い手である子供たちの手によって風船が空へ放たれる中、2号機関車の
汽笛を合図にテープカットが執り行なわれました。


私どもは、この文化・産業遺産である2号機関車を後世に伝えて行く使命感を再認識し
心新たに保存への取り組みをして行きたいと思っております。
今後、皆様のお力添えを重ねてお願い申し上げます。






 旧加悦鉄道2号機関車 重要文化財指定
        記念シンポジウム 及び 記念式典開催のお知らせ

この度、旧加悦鉄道 2号機関車「123号機関車」の重要文化財指定に伴い
下記により、記念シンポジウム及び記念式典を開催致します。

日本の激動時代を走りぬけ、我が国の鉄道発展、とりわけ丹後ちりめん産業の発展に
大きく貢献した、この機関車は平成17年6月9日、その機関車台帳とともに重要文化財
に指定されました。鉄道車両としては、東京交通博物館所蔵の「1号蒸気機関車」、
「1号御料車」に次いで3例目となります。
このように貴重である車両を私どもは、私達の手で大切に守りその歴史とともに後世へ
末永く伝えて行きたいと思っております。
そこで今回、「加悦鉄道2号機関車(123号機関車)」の文化財としての価値を多くの
皆様にお伝えし、その保存の重要性をご理解いただき、この蒸気機関車を丹後地域の
観光産業に活かすべく、シンポジウムを開催致します。


旧加悦鉄道 2号機関車「123号機関車」
       重要文化財指定記念シンポジウム

 「地域産業の保存・活用と新展開に向けて」


日時:平成18年1月14日(土) 13:30〜16:30
ところ:みやづ歴史の館(参加無料)  京都府宮津市字鶴賀
●講 演 者 :  小 池   滋
●パネルディスカッション
・コーディネーター  堤  一 郎
・パネリスト
  小 池  滋   今 井  一 雄   森 本  寿
  市 田 昭一郎  徳 田 和子

主催:加悦2号機重文指定記念シンポジウム実行委員会
お問い合わせ先:実行委員会事務局(加悦町観光協会 内)
TEL・FAX (0772)43-0155 E-mail  k8kankoua@kyt-net.ne.jp


旧加悦鉄道 2号機関車「123号機関車」
       重要文化財指定 記念式典


日時:平成18年1月15日(日)  記念式典の開催時間 10:00〜10:30
ところ:加悦SL広場  京都府与謝郡加悦町字滝
(記念式典当日は終日入場料は無料とし、記念入場券を発券致します)

※以後、式典当日以降の入場(有料)に際しましても限定で、数に限りは
  ございますが記念入場券を発券する予定でございます。

記念式典についてのお問い合わせ先
TEL(0772)42-3186 FAX(0772)43-0080
E-mail   メール カヤ興産(株)管理部



トップページ | 施設案内 | 車輌紹介 | 加悦鉄道の歴史 | 修復状況 | カフェ・ショップ蒸気屋 | イベント情報 | リンク | ご利用案内
Copyright(C)2002-2011 Miyazu Kairiku Unyu Co.,Ltd. All Rights Reserved.