HOME ≫第9回 与謝野町 蕪村顕彰全国俳句大会
【お知らせ】 第9回与謝野町蕪村顕彰全国俳句大会入選作品について

 
第9回与謝野町蕪村顕彰全国俳句大会の優秀作品が決定しました。

本年は新型コロナウィルス感染症拡大防止のため
表彰式や当日句会を行わない形での開催となりましたが、
全国各地から昨年を上回る873名の方のご応募がありました。

三句一組で募集した「自由題の部」には2584句、
当俳句大会独自の取組み「前書俳句の部」には731句の、
秀句をお寄せいただきました。

自由題の部:応募句数2584句

 
前書俳句の部 応募句数731句


各部門の入賞作品を画像にて紹介しています。
※クリックするとpdfファイルが開き、各句の選者講評もご覧いただけます。

応募されたすべての俳句作品を掲載した全句集を、応募された皆様には一部ずつ送らせていただきます。
同句集は江山文庫にて12月1日以降販売もしています(500円)。
 

【お知らせ】 
第9回与謝野町蕪村顕彰全国俳句大会入選作品について

自由題の部 佳作
「端居して生涯抜けぬ国訛り」
につきましては、
全句集作成・発送後に、類句が認められたため、
選者と相談の結果、先行句ありとして入選取り消しとさせていただきました。

 与謝蕪村顕彰与謝野町俳句大会実行委員会事務局
 
 
 

今から約300年前に生まれた与謝蕪村の、母親の故郷といわれる丹後・与謝野町。
名句「夏河を越すうれしさよ手に草履」には「丹波の加悦といふ所にて」の前書があり、当地で詠まれたことがわかります。大江山連峰や野田川の流れ、大内峠から眺める天橋立など、豊かな自然をいただく与謝野町から、丹後を訪れた文人たちが培ってきた俳句文化の振興と、与謝蕪村の顕彰を目的として、第9回目となる俳句大会を開催します。
2種類の事前投句があります。
1.自由題の部
         テーマ・季節は問いません。三句一組、一人一組限りの応募となります。
 選者 稲 畑 廣 太 郎 氏  (公益社団法人日本伝統俳句協会常務理事、「ホトトギス」主宰)
    山 田 佳 乃 氏  (公益社団法人日本伝統俳句協会監事、「円虹」主宰)
2.前書俳句の部
         あなたの一句の背景や舞台などを、20字以内の前書に託してお書き添え下さい。
         一人一句限りとなります。 テーマ・季節は問いません。
       ◆前書の例「還暦の同窓会にて」 「東北を旅して出会った人びとを思いつつ」等
 選者 田 中 春 生 氏  (公益社団法人俳人協会幹事、「朱雀」主宰)
      
山 尾 玉 藻 氏
 
 (公益社団法人俳人協会幹事、「火星」主宰)
応募料 一人あたり1,000円 (ただし海外投句者の方は無料とします。)
※1000円で自由題三句+前書俳句に応募できます。どちらか一方のみの応募でも金額は変わりません。
 
■募集期間 令和2年20日(土)〜19日(水)   当日消印有効
 ※ただし、インターネットおよび海外からの投句は応募期間内必着とします。
 
■表彰式等 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、例年11月末に開催している表彰式・当日句会・蕪村顕彰プログラムは今回開催しません。
優秀作品は本ホームページ上での発表となります。
 
■作品集 事前投句に応募された全作品を全句集として刊行し、応募者全員に無料配布します。
(海外投句者を除きます。※海外在住でご希望の方は応相談)
  
■個人情報
  の取扱に
  ついて
主催者は個人情報の重要性を認識し、個人情報の法律及び関連法令等を厳守し、主催者の方針に基き個人情報を取り扱います。本俳句大賞応募者へのサービス向上を目的に、大会案内、作品集送付、次回大会の案内に利用いたします。また、事務局から応募内容に関する確認連絡をさせていただくことがあります。
 
■主  催 与謝蕪村顕彰与謝野町俳句大会実行委員会
 
 

お問合せは与謝野町立江山文庫まで
〒629-2421 京都府与謝郡与謝野町字金屋1682番地
TEL.0772-43-2180(FAX共通)
All contents copyright(c) 2005 kozanbunko All Rights Reserved.