HOME
 
【展覧会情報】企画展「与謝野動物園」開催中 9月17日(土)〜3月26日(日)まで          【俳句大会】『第5回与謝蕪村顕彰与謝野町俳句大会』の事前投句作品の募集は締め切りました。現在選考中です。俳句大会は11月27日(日)の開催です。
文庫の庭から
文庫庭彩る紫式部かな


↑最新の展示
(画像をクリックしてください)
 
 
蕪村・礼厳・鉄幹・晶子・・・
文人たちに育まれた与謝野の文化が香りたつ、
短歌と俳句の資料館
c o n t e n t s
★最新展示情報
★展示スケジュール 
★与謝蕪村顕彰与謝野町俳句大会 
★句碑と歌碑めぐりの道 pdfファイル
★絵手紙の小径
★与謝野・季節のうたと俳句
★こどもQ&A
★研修室ご利用案内
★出版物のご案内
★体験活動
★読書会
 →各項目を
 クリックしてください
体験活動「紋紙で短冊掛けづくり」 やっています。
●多くの皆さんに親しまれる資料館を目指しています。
 
 江山文庫は、豊中市の故里見恭一郎(俳号:玉兎)先生から寄贈を受けた数多くの短歌・俳句の関係資料を保存活用し、地域文化の振興を図ることを目的として建設され、平成6年10月に開館しました。
 本町は、与謝蕪村の母親の故里と伝えられ、蕪村自身もこの地を訪れ、俳句や絵を残しました。また、与謝野鉄幹の父・礼厳の出身地でもあり、後の時代には鉄幹・晶子もこの地を訪れています。
館名の由来
 江山(こうざん)という名は、丹後滞在中の蕪村が京都の知人に宛てた手紙の中で、大江山を「江山」とよんでいることから、名誉館長の故 里見恭一郎先生により命名されたものです。
 また、唐詩の中に、「江山 四維を弁ず」(孟浩然)という詩句があります。江山とは四方のすみずみまで見晴らすという意味をもち、大きな夢をふくらませてくれます。
●開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
●休館日 毎週月曜日(但し、祝日の場合はその翌日)
12月29日から1月3日
●入館料 ●平常展
区分 個人 団体
大人 200円 150円
小人 100円 50円
小人は小・中学生(未就学児童は無料) /  団体は8名以上
※身体障害者手帳、療育手帳又は精神保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者の方は窓口で手帳をご提示いただくと個人入館料が半額になります。
●交通手段 京都丹後鉄道「与謝野」駅からタクシー等で15分
丹海バス「SL広場西」バス停より徒歩15分
お車の場合、鳥取豊岡宮津自動車道路「与謝天橋立IC」より15分
●所在地 〒629-2421 京都府与謝郡与謝野町字金屋1682番地
●お問合せ 電話 0772-43-2180 / FAX 0772-43-2171
kouzanbunko1682アットマークkyt-net.jp @に変換して下さい)
メールアドレス従来のものから変更しました。

館内ごあんない
@展示室
A与謝野晶子歌碑
Bホール・ロビー
C研修室
D絵手紙の小径

主な館蔵品
 ◆俳諧・俳句・和歌・短歌に関する短冊、色紙、額、条幅、巻子、書簡、書籍
 ◆絵画、書、工芸品、などなど

主な館蔵品の作者名
 ◆与謝野礼厳、与謝野鉄幹、与謝野晶子、吉井勇、佐々木信綱、
   高浜虚子、河東碧梧桐、山口誓子、阿波野青畝、巌谷小波
                                       ほか多数
お問合せは与謝野町立江山文庫まで
〒629-2421 京都府与謝郡与謝野町字金屋1682番地
TEL.0772-43-2180 FAX.0772-43-2171
All contents copyright(c) 2005 kozanbunko All Rights Reserved.