京都北部の丹後半島は、開発から取り残され、陸の秘境と言われた大自然が豊かに残る土地です。そんな丹後の名の知れない穴場をご紹介します。
丹後探検隊トップページ 丹後・観光お助けツール 丹後の名水 丹後の旬の食材 丹後魚大図鑑 丹後沖釣り情報
マリントピア マリーナ
丹後遊漁船情報
村瀬崇の丹後で獲れる魚料理に挑戦の巻き
丹後の日帰り温泉紹介
丹後の観光協会・市・町のHPにリンク
DIYでガーデニング
南海の丹後 屋久島・旅工房

大江山の雲海

赤ちゃん初土俵入り

丹後のお地蔵さん

●与謝野町の
       ひまわり15万本

与謝野町の岩滝祭り

舞鶴自然文化園のツバキ

旧尾藤家の雛人形

丹後でダンゴ出来ました

田原の手打ちソバ体験

上世屋探索

宮津・金引きの滝

若狭湾のムギイカ釣り

丹後の桜探索

春を告げる魚「イサザ」

籠神社の籠(コノ)は
         ハワイ語?

丹後の天然ワカメ

丹後の寒ブリ

丹後の冬イカ釣り

丹後の浦島太郎伝説
     龍穴の謎!


伊根の「うみゃ~もん祭り」

宮津湾にぎわいフェスタ
      2009


冬の世屋高原にカンジキ
    履いてレッツゴー


福井県小浜湾へ
    ロングクルージング!
 その昔、天橋立は天への架け橋といわれており、女神イザナミと男神イザナギが天への上り下りに使っていました。ある日イザナギが昼寝をしている間に倒れて、それが天橋立になったという神話が残っています。


































丹後探検隊 ど~ろすた~クラブ

 与謝野町のひまわり15万本

 丹後の夏の風物詩として、定着した人気を集める「ひまわり15万本」のイベントが、今年も与謝野町のひまわり畑で催され、多くの人が訪れています。
 今年のイベント期間は、8月6日(土)~8月14日(日)迄で、期間中は売店やヒマワリTシャツ染色講座、懐かしのかかしコンテストなどが催されます。場所は、野田川わーくぱる東側の畑です。入場料は、お一人200円(小学生以下は無料)となっています。
詳しくはポスターで、http://www.kyt-net.jp/~tangotankentai/2011/himawari.pdf



 花がみんな同じ方向を向いていますね。 ひまわり(向日葵)は太陽に向かって回るという事から名づけられたようでが、実際は花が咲くまでは天辺が多少回転するようですが、開花すると多くの花は太陽が昇る東向きに咲いて回転しません。
と言うことは、上の写真ではカメラは西向きに撮影した事になります。ですからひまわりの撮影は午後は逆光になるので、午前中のほうが良いと思います。残念ながら私は逆光の午後から見に行ってしまいました。

子供連れには楽しそうな迷路です。
愛嬌のある「かかし」ですが、これでは鳥が追っ払えそうにありません。





 与謝野町の岩滝祭り