丹後探検隊トップページ 丹後・観光お助けツール 丹後の名水 丹後の旬の食材 丹後魚大図鑑 丹後沖釣り情報
マリントピア マリーナ
丹後遊漁船情報
村瀬崇の丹後で獲れる魚料理に挑戦の巻き
丹後の日帰り温泉紹介
丹後の観光協会・市・町のHPにリンク
DIYでガーデニング

●若狭湾のムギイカ釣り

丹後の桜探索

春を告げる魚「イサザ」

籠神社の籠(コノ)は
         ハワイ語?

丹後の天然ワカメ

丹後の寒ブリ

丹後の冬イカ釣り

丹後の浦島太郎伝説
     龍穴の謎!


伊根の「うみゃ〜もん祭り」

宮津湾にぎわいフェスタ
      2009


冬の世屋高原にカンジキ
    履いてレッツゴー


福井県小浜湾へ
    ロングクルージング!
 その昔、天橋立は天への架け橋といわれており、女神イザナミと男神イザナギが天への上り下りに使っていました。ある日イザナギが昼寝をしている間に倒れて、それが天橋立になったという神話が残っています。






















丹後探検隊 ど〜ろすた〜クラブ

 若狭湾のムギイカ釣り

 お誘いがあり、釣り番組「ビッグフィッシング」撮影の船に乗ることが出来ました。番組は5月29日放映の「小浜のムギイカ爆釣」です。
 小浜湾を午後4時に出航、約1時間半かけて敦賀沖に到着、船の魚探を覗き見したが、特別魚影らしきものは無かったがいきなりパラシュートアンカーを投入して釣り始める。底は約150mで棚は40〜80メートルでした。釣り始めて一投目から大きなアタリがありこれは幸先良しと思ったが、イカの引きにしては元気が良過ぎる。揚げてみるとやはりイカではなく、シマガツオ(エチオピア)だった。その後アタリも無くさっぱりだったが、隣のこの船にはしょっちゅう乗っているという常連さんはコンスタントにイカを揚げている。何が違うのか、シャクリ方などいろいろ真似てみたがなかなか釣れません。最終手段で常連さんに手作り仕掛けのスッテを分けてもらい釣り始めるといきなりヒット。それでも常連さんは揚げる度に3〜4匹釣るのに私は1匹か多くて2匹、追い食いさすためゆっくり巻いたり色々と試したが変らず。どうも釣果の差はラインに付けた集魚用の青色発光ダイオードにあるようだと分かった。常連さんの話では青色の光にイカはよく集まるらしい。腕の差ではなく道具の差ということで納得することにしました。
 この日の私の釣果は50パイだったが、阪神さんは145ハイ、竿頭は隣にいた常連さんの180パイだった。腕の差ではなく道具の差ということで・ ・ ・ (-_-;)

 ムギイカとはスルメイカの子供のことで、麦の穂が出揃う時期に釣れるのでこのように呼ばれている。また、小浜ではイカといえばスルメイカのことを指し、真イカとも呼ばれる。
 常連さんいわく、イカは輪切りにして煮立った味噌汁に入れたら直ぐに火を消して食べると柔らかくて美味しいらしい。早速持ち帰り味噌汁や八宝菜、一夜干しにして頂いたが身も柔らかくとても美味しかったです。
 イカはアオリイカか白イカが美味しいと思っていたが、あらためてスルメイカを味わってみると皮から感じられるイカ独特の香ばしさが強く美味しいので見直してしまいました。





 丹後の桜探索